工業の街・北九州の、安全な毎日を影で支えるヒーローです

たとえばトンネルを安心して通れること、化学プラント工場が毎日安全に操業できること。当たり前に思える日常を影で実現しているのが、”設備診断”という仕事。機械設備や構造物、インフラ設備の調査・点検などを行い、事故を未然に防ぎます。

「計測検査(株)」は、そんな地域社会の安心と安全を守る大事な仕事を担う、いわば影のヒーロー。設備診断のための技術開発にも積極的に取り組み、実は世界レベルの技術も持っているんです。

実は…①実績とプライドの証!業務内容がそのまま社名です

創業は昭和49年。社名の「計測検査」とは、同社が担っている”非破壊検査”業務そのもののこと。非破壊検査とは、わかりやすく言えば各種機器の健康診断。機器を破壊することなく、化学プラントの保守検査や損傷原因検査、土木計測などを行い、その原因を究明する技術も展開しています。

また同社では、橋梁点検や環境騒音・振動の評価などの業務も行っています。工業の町・北九州の安全と住みやすさを、同社が影で支えているのです。

実は…②世界で3台しかないスーパー計測車両を持っています

同社では、設備診断の技術開発も積極的に行っています。その象徴ともいえるのが、同社が開発した「走行型トンネルひび割れ検出システムMIS(MobileImaging Tschnology System)」です。

現在、国内のトンネルの多くは30年から50年が経過しています。しかしこれまで、その維持管理のための点検を、すべて熟練技術者の目視に頼っていました。同社はそれを機械に置き換え、点検のスピードアップとコストダウンに貢献。機材を搭載したトラックで、トンネル内を時速80kmで移動しながら画像を撮影。独自の画像処理技術とパソコン解析で、ひび割れや漏水箇所を確認できるようになったのです。

また、三菱電機との共同開発で、3Dデータを取得できる計測車両「MIMM(ミーム)」も誕生。より精度の高い点検を可能にする、世界に3台しかないスーパー車両です。

 

実は…③育休、授業参観休暇も推進!リケジョが働きやすい職場です

技術サービス業というイメージから男性が多い職場かと思いきや、女性も活躍しています。たとえば、検査で見つかった損傷の原因を調べる技術部の男女比は半々。会社全体でも、1/3は女性です。

また、同社は福岡県の「子育て応援宣言」に登録されており、男女従業員の子育てを支援するための取り組みが整備されています。育児休暇制度や授業参観・学校行事の休暇制度の活用が進んでいます。結婚・子育てと環境が変わっても、長く働けそうです。

社員数がコンパクトということもあって、和気あいあいとした職場の雰囲気も大きな魅力。他部署と連携した仕事も多く、コミュニケーションも取りやすいといいます。

同社は本社の黒崎事業所のほか、関東事業所、四日市事業所も展開。世界レベルの技術で街の安全と安心を守る、影のヒーロー集団なのです。

【企業概要】

計測検査株式会社
《技術サービス業(総合的設備診断)》
〒807-0821
北九州市八幡西区陣原一丁目8番3号
http://www.keisokukensa.co.jp
<事業内容>
非破壊検査、材料評価、構造解析、応力測定、振動測定、土木計測、環境関連計測、トンネル等コンクリートの構造物健全度調査

北九州の就職情報はこちら↓

★北九州市が運営する就職情報サイト
北九州しごとまるごと情報局
★新卒学生向け就職情報サイト
キタキュー就職ナビ