未来のスチールビジネスを支えるのは、この会社の製鋼技術と発想力

工業の街・北九州の発展を支えてきた”製鉄”の技術。創業から100年余りの歴史を持つ「(株)アステック入江」は、その鉄づくりのプロセスの中でも”製鋼”を主力事業としています。製鋼とは、溶けた鉄から不純物を取り除き、より強靭な鉄をつくり上げること。同社は、鉄製品の品質に直結する重要な工程を担い続けてきた存在なのです。

また同社は製鋼事業の中で生まれる発想から、エンジニアリング、環境リサイクル、半導体や情報通信などで活用されるファインセラミックスの技術も幅広く展開。北九州の魂ともいえる鉄から、未来のスチールビジネスを生み出していきます。

実は…①老舗だけど新しい!日本初の金属再生技術で注目を浴びています

鉄の街として栄え、現在は世界から注目されるエコタウンとなった北九州市。産官学の連携で環境問題に取り組む中、地域と共に発展してきた同社では、日本初となる塩化鉄再生処理プロセスの事業に力を入れています。

その名も、FM(ファインメタル/鉄粉・塩化鉄製造販売)事業。同社で製造した鉄粉を活用し、半導体や電子部品の製造過程で排出される廃液中の金属を取り出して、廃液を再生、抽出した金属は再利用できるという技術です。資源の再生利用と環境保全に大きく貢献するリサイクルシステムとして、各業界から注目を浴びています。

この取り組みが評価され、平成7年に「通商産業省環境立地局賞」、平成14年に産業廃棄物処分業優良業者「北九州市長賞」、平成17年に「北九州エコプレミアム」に選定されました。情報通信機器の発展で、同社のFM事業はますますニーズが高まるはず。

100年余の歴史の中で培った製鋼の技術を未来の鉄事業に活かす、創造する企業なのです。

実は…②技術系の会社だからこそ、人材教育に力を入れています

技術系の会社ながら、約半数は事務系も採用している同社。人事・労働部では、社員教育にも力を入れています。新入社員、管理職など階層別の教育体系を組み立て、外部講師を呼んでヒューマンスキルやマネジメントを中心とした宿泊研修を行っています。

また、若いうちから大きな仕事を任せてもらえるのも、人を育てる社風のあらわれ。中小企業は大きな組織よりも個人の裁量が大きく、やりがいを感じながら実践で学ぶ環境があるのです。

実は…③広いフィールドで活躍できる!中途採用も多いんです

同社は中途採用の社員が多いのも特徴。さまざまな人生を歩み、経験を積んできた人材が集まっています。入社前は順風満帆でなくても、入社してから仕事のおもしろさを見出し、やりがいを感じながら仕事に取り組んでいる人が多いそう。人事担当者は、「異なる個性が共生し、自分を出して本音を語れるおおらかな風土が、独自の商品や魅力を生み出す素地になっている」と話します。

“鉄”という工業の要となる素材だからこそ、社会に与える影響も、仕事のフィールドも大きいはず。鉄とエコの街・北九州から、業界の注目を浴びる存在へ。進化し続ける老舗鉄鋼企業で自分のキャリアを花咲かせてみては。

【企業概要】

株式会社アステック入江
《鉄鋼業》
〒805-8507
北九州市八幡東区西本町三丁目1番1号
http://www.astec-irie.co.jp/
<事業内容>
STEEL事業(製鋼・鋼管・設備エンジニアリング・製鉄用機器海外企画調達)、鉄関連事業(環境リサイクル事業・ファインセラミックス精密加工事業・PCB廃棄物処理事業)

北九州の就職情報はこちら↓

★北九州市が運営する就職情報サイト
北九州しごとまるごと情報局
★新卒学生向け就職情報サイト
キタキュー就職ナビ