利用者の声

インターンシップの学生より「若者ワークプラザの利用体験」を紹介いたします。

 今回、私は、若者ワークプラザ北九州で『キャリア・インサイト(職業適性診断)』を体験利用しました。自分に向いている職種を具体的に知ることができ、とても満足のいく内容でした。
 診断は、施設内に設置されたパソコンの専用ソフトを使って行うもので、様々な質問に回答することで分析が行われ、すぐにその結果を受け取ることができます。
 特に、適性がある複数の職業が分かるところはとても魅力的でした。例えば、私は、企画関係の職業に就きたいと考えていましたが、実は、自分が事務処理にも興味があることを知りました。この場合は、公認会計士や行政書士などの職業も提案してくれます。
 また、診断結果について、カウンセラーの方に分かりやすく解説してもらい、私が希望している仕事の一つ、公務員の事務職にも適性があることが分かり、自信を持つことができました。自分だけで結果を判断するよりとても効果的だと思いました。
 なお、人によっては希望職種と診断結果が必ずしも一致するとは限りません。その場合でも、新たな職業の提案や、希望職種への就職にどのように取り組めば良いかなど、具体的なアドバイスをしてくれます。視野を広げてくれる点も大きな魅力です。
 提案のあった職業に就職する難しさ等については、今後、改めて自分で調べてみたいと思います。
 来年に就職活動を控える学生の私からしても、皆さんにお勧めできる内容だと感じました。

 今回、若者ワークプラザの「面接につながる職務経歴書の作り方」という就職支援セミナーに参加しました。
 私を含めて4人で行われたため、講師の先生と受講者との距離が近く、質問や意見を出しやすい場だなと感じました。 また、パソコンを使って職務経歴書や自己紹介書を作成する時間があり、ただ座って講義を聞くだけでなく実際に書類を作成することを取り入れた講義は、とても参考になりました。
 書類を作成した後には、講師の先生から改善点など1人ずつ丁寧に指導していただきました。このような講義は少人数だからこそできるものだと思いました。 若者ワークプラザの中にはブースやパソコンなどがあり、カウンセリングを受けたり求人情報を探したりすることができます。
 また、たくさんの就職に関する本を自由に読むことができます。とても入りやすい雰囲気なのでぜひ一度みなさんも利用してみてください。

 今回、初めて受講する私は、就職に向けて自分を深く知ることを目的に、若者ワークプラザで開催されている「自己分析セミナー」に参加しました。
このセミナーについて、とても良いと感じたポイントを3つご紹介します。
 1つ目は、少人数のセミナーなので分からない事や講義の内容などが聞きやすい事です。せっかくの疑問をそのままにせず、思い切って尋ねることが大事です!それが自分のため、そして参加者全員のためにも役立つ情報になります。
 2つ目は、分かりやすい資料です。講師のアドバイスに沿って、難しく考えがちな自己分析がスラスラ出来ました。
 3つ目は、セミナーが月〜土曜日まで毎日開講されているため、セミナーで吸収したことを次のセミナーに活かしやすいことです。 せっかくですから、幾つかのセミナーに参加して、更にステップアップする機会を逃さないことも大切だと感じました。行動を起こすことが大事です。何から取り組んでいいか分からない方は、セミナーの受講もお勧めです。

ページトップへ